2004年11月03日

ぃよっし!!

……ぁ。これhyちゃんのセリフだっけ。
まぁよい。

降ってわいたように、とあるライブへ行って参りました。
先入観なし、予備知識皆無、なライブ。
そして思う。HappyなYoung Blooods。


行って来たのは「native」という4人組のバンド。
とりあえずここに公式ページを載せておきます。 こちら

えぇ…とね。まぁいきさつからいいますと、最近うちの母がFAXの投稿をよくしているらしくて、それも送るのがN○Kの地方局の夕方の情報番組らしいんですが。で、そちらから、何故だか招待券が2枚送られてきたのが昨日。で今日のこのライブだったわけです。
長野県には、あまり他に類を見ない“県歌”というのがありまして、「信濃の国」というんですが、今日のそのライブのタイトルが「ロックで歌う信濃の国」という。長野県民として、なんとはなし「信濃の国」に思い入れがあったりなかったりで(え?)、どんなもんかなぁ、と思いながら母と二人行ってみたわけです。

OP。
曲の感じは嫌いじゃない。むしろ聴きやすいかも。
でも。

ギターの音がきついな……デカくて(涙)

そんなOPからの数曲で、これはもうダメだ、と。我慢ならねぇ、というところまで行ったんですね、実を言うと。だから「信濃の国」まで聴いたら途中だろうがなんだろうが帰ろう、とまで思ってました。
一応……大音量に免疫がないわけではないんですけどもね…?
いかんせん……PAなにやってんねん、とか思っちゃったわけですわ。まぁ素人ながら。Voの声が聞こえないようじゃあちょっとギターの音キツすぎやしませんか?が最初の感想でした。

4曲目ぐらいに、かぐや姫の「神田川」のカヴァー(リメイク)を歌ったあたりから、あれ?これは意外と…と思い始め。
MCの中でヴォイパーやりはじめて「おやおや?」と。
その流れでVPとアカペラで「夜空のムコウ」を歌ったところで、これは!と思いました。
期待の「信濃の国」のロックver.は、ネタを織り込みつつの面白いアレンジと構成で満足しました。

なにより、メンバーの才能の多岐に渡ること!
途中のソロコーナーで、ギター(Yuji)がベンチャーズ(!)からT-SQUARE、女子十二楽坊をやりだしたあたりから笑っちゃってね。VoのRuiはジョンの「イマジン」をポエムリーディングしはじめるし、ドラム(隼人)はドラムソロ・ドラムソロ(目隠し)からKeyとピアノと移りながら「ジュピター」だし、ベース(Hiro)はいきなりヴァイオリンカルテットだし。


なんなの?この子たち!?

その上和太鼓はじめちゃうしもうなにがなにやら……楽しいライブだったの(笑)。


CD買ってサインももらって(こらこら)、まったく真っ当に音楽を楽しんでいる感じのHappyなYoungBloodsで、充分にEntertainmentで、ちょっとこれからが楽しみなバンドでございました。


でもまだちょっと耳が痛いぞ(><)
posted by akanepluto at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 女子十二楽坊女子十二楽坊(じょしじゅうにがくぼう)は中華人民共和国|中国の古楽器演奏女性音楽グループ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:..
Weblog: アジア音楽フェアー
Tracked: 2007-10-14 20:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。