2005年08月16日

NHK思い出のメロディー。

CCBが再結成ってことで、途中から観ました。

田原俊彦氏。
もともと、歌がよかったわけではないひとなので、歌えてないなぁ、と言う感想はどちらかっていうとさもありなん、程度でしたが、やっぱり当時のばりばりアイドルらしく、踊りはかっこよかった…っつかキメどころを知っているなぁ、というカンジでした。………どちらかっていうと、バックで踊ってたのが木野正人くんだったんでそっちの方がキャーでしたけども。もうねぇ、抱きしめてTONIGHTなんて、やっぱ木野くんかっこいいよ!で。今のジャニーズであれだけキメてフリつけられる人っていないもん。

南野陽子は、ああまぁこうだよね、って。もっと、当時のままのアレンジと振り付けだったら盛り上がれたかも。

で、CCBです。チュウくん(田口智治)がいないのは残念ですが仕方がない。ゴム(関口誠人)の変貌ぶりもまぁ仕方がない。それにくらべてリュウ(笠浩二)の「若作り」に拍手(笑)。ヨネくん(米川英之)は今の方が数倍かっこいい。そして英樹さん。渡辺英樹さんです。ええ、好きですよ。やっぱり今でもこの人が一番好きですね。いいですね。かっこいい。みんないまだにやってるひとたちだから全然安心なんだけど、英樹さんは義男さん(野村義男)と一緒にやってるから特に安心(何が)。やったのがRomanticが止まらないだったんだけど、当然なんだけど、どっちかっていうとLucky Chanceをもう一度とかのほうが聴きたいなー。


テレサ・テンのメドレー、最初の二人は声がなんだか固かったり変に色っぽすぎたりで、いかにテレサ・テンが素敵だったかっていう気分になりました。坂本冬美ちゃんは好きだからいいんだけど。今日の冬美ちゃんはなんだか妙に綺麗だった♪

氷川きよしくん。三波春夫の「世界の国からこんにちは」を、いい感じに歌ってましたね。声の出方がいいからこの曲には似合いだったと思います。

由紀さおりさん。
越路吹雪さんの「愛の讃歌」は難しい歌で、当然あの人のを超えることは誰にもできないと思うのだけれど、由紀さおりさんで聴くとまた別もので、なんかもうこのひとって凄いなぁとおもっちまいました。越路吹雪さんよりも可愛らしい「愛の讃歌」なんだけれど、多分他の人で聴いてもどうとも思えないだろうけどこの人ならすんなり聴ける。上手いから。
続けて天童よしみちゃんが美空ひばりさんの「柔」。これも他の人じゃあ安心して聴けないだろうなーとか、この二人の歌に挟まれたくないよなーとかそんなことを思いながら聴いてました。

山本コータローの「岬めぐり」とかジローズの「戦争を知らない子供たち」とかマイク真木の「バラが咲いた」とか懐かしい、んだけど、いちばん嬉しかったのはアレね、あのねのねの魚屋のおっさんの歌(笑)



なんか、久しぶりにこういう純然たる歌番組を観たですよ。いい歌を聴いたですよ。ちょっと盛り上がっちゃって書いてしまいました。
いやぁ、もう…懐かしい。
posted by akanepluto at 23:00| Comment(1) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。今、見たらTB2回になってました。すいません。1つ消してください。
なんか、久しぶりにこういう純然たる歌番組を観たですよ。>そうですね。こんな番組、最近ないので渇望状態かなぁ(笑)
Posted by メロオ at 2005年08月16日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第37回「思い出のメロディー」雑感
Excerpt: ●二葉百合子「岸壁の母」  昔からかわらない顔つきだが、歌声は老けたかな?●古都清乃「和歌山ブルース」  知らなすぎてノーコメント。●三浦洸一「弁天小僧」  歌えるか心配だったがきちんとできた。知らな..
Weblog: なつかしの昭和おもひで歌謡曲
Tracked: 2005-08-16 23:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。