2005年05月09日

ぃえーい!!

HIS再結成!やったー!!(以下引用)


伝説ユニット「HIS」14年ぶり復活

 演歌歌手の坂本冬美(38)ロック歌手の忌野清志郎(54)アーティストの細野晴臣(57)の3人で91年に結成した実験的ユニット「HIS」が、14年ぶりに復活する。NHKの放送80周年記念曲「oh,My Love〜ラジオから愛のうた〜」を制作するもので、CDは7月27日に発売。3人は「タイムスリップした気分。アルバムも作って全国ツアーもやりたい」とノリノリだ。

 演歌、歌謡曲、ロックのジャンルを超えた伝説的ユニットが14年ぶりによみがえる。

 「HIS」は3人のそれぞれのイニシャル(名字)からとったもの。デビュー時から冬美の才能にホレ込んでいた清志郎が90年に2日間限定のユニットを作ったのをきっかけに、翌年細野の加入で結成された。初々しいセーラー服の冬美を真ん中に、学ラン姿の細野と清志郎が脇を固めるコスプレユニットの“元祖”。唯一のアルバム「日本の人」は、オリジナル曲からジミ・ヘンドリックスやビートルズの楽曲まで挑み、10万枚を売り上げた。

 それから14年。日本でラジオ放送が始まって80年を迎えたメモリアルイヤーに、NHKでは「日本を明るくする歌を」と3人に制作を依頼した。

 清志郎作詞、細野作曲により、大正・昭和の大衆歌謡のエッセンスを盛り込んだ明るく歌いやすいテーマ曲「oh,My Love〜ラジオから愛のうた〜」が完成。そこに冬美のハツラツとした歌声が乗り、テンポは異なるものの「365歩のマーチ」のように時代、世代を超えて愛される“唱歌”のような作品に仕上がった。コーラスで清志郎が参加し、歌い始めと締めには俳優の佐野史郎(50)による口上もあり、NHKでは来春まで1年間ラジオなどで流していく。

 カップリング曲の制作も始めた3人。細野の「何かこのメンバーでやりたいね」の言葉に、清志郎が「アルバムも作って、全国ツアーもやっちゃおう!」と提案。初のライブが実現する可能性も十分で、冬美は「セーラー服?さすがにもう無理かな」と苦笑しながらも「全国を股旅姿で巡るのはどう?」とアイデアは膨らむばかりだ。
(スポーツニッポン)



マジ嬉しいかもこれ。「日本の人」買ったよ。最高だったんだよーあれ。実力ある人が遊び心たっぷりでやってるのがかっこよかった。

楽しみだー黒ハート
posted by akanepluto at 09:31| Comment(0) | TrackBack(2) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本の人
Excerpt: ん〜。懐かしい。 HIS再結成するそうです。 91年か・・・。 アルバムとかは持ってなかったけどheesに貸してもらった記憶が。 スキーの歌とか覚えてる。 もう大昔だなあ。 91年て・・・。 ..
Weblog: others
Tracked: 2005-05-09 22:42

「ビートルズ」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 ビートルズ 」の検索結果で、「月の夜 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-13 19:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。