2005年01月31日

音楽じゃないけど

面白かったからご紹介など。

ひらめきダーリンは外国人(1)
ひらめきダーリンは外国人(2)
共に小栗左多里;著

読んだのはいまのところ1巻だけなのだけれど。
もともと異文化とか興味あったからかもしれないけれど、なんだか妙に同化(?)しながら読んでしまったのは漫画という手法だったからかしら。
posted by akanepluto at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き・嫌い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。