2006年02月13日

ガキみてぇな逡巡。

…えっと、逡巡ってこんなときに使うんだっけ?


今までここではたぶん話題にしてこなかったであろうバンドのことを書きます。

SOPHIA。


言葉を選ばずに書くなら「嫌い」。

でもその言葉にはいろんな裏事情があって。
嫌いになろうとしてたっていうか。



初対面はちょうど、ラルクアンシエルの休業時期(休業ちゃうやろ)。要するにThe 4th avenue cafeが発売中止になって虹までのその間ですね。
テレビスポットで流れた「街」が妙に衝撃でした。

衝撃。
聴き間違えた自分への衝撃。

それ以来、私の中では要らないバンド、と位置付けてたんですわ、ある意味頑なに。


でもそういうくだらないガキみてぇな頑なさだから、逆に聞こえてくると反応してしまうってこともあったりしてね。また必死で払いのけようとしたりするわけ。ガキだから。

ところが、「街」にしても要するに嫌いじゃなかったわけよ。そこに問題があって。嫌いじゃなかったところに「黒いブーツ」の松岡充の衝撃。(まぁこれは多くは語るまい)



そんなこんなで、SOPHIAの音には引き込まれずにいたあたしが。そんなアタシが。
ハマった。松岡充に。
可也不本意ではありながら、ケータイ待ち受けのちっこい画面に松岡充の笑顔が。(ちなみに大きいほうは安岡優さん。不動。)



そして家では母までが松岡充にハマり。(っていうかアタシにつきあってくれてるのかも。)
posted by akanepluto at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き・嫌い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。