2006年01月06日

そんなにひどかった?(紅白)

なにやらまたざわざわと。
某オフィBBSで、紅白での「ひとり」が、ピッチがどうのキーがどうのと騒がしいようで。

あたしの耳はもともとそんなに精密ではないし、紅白お祭りモードだったのでまるで気付きませんでしたが。むしろひさしぶりに「ひとり」を歌っているところを見た、っていうくらいで結構喜んでいたわけで。

そうかー。ピッチ変わったか。ふぅん。


それで?

生のそれすら許せないのならCDだけ聞いてやがれ

ってな気分ですわね。



そういえば。
昨年4月松本ライブでのPromiseはたしかへろへろで、ライブ後友人と「気持ち悪かったねー」と爆笑したものですが………笑いのタネかよ、ってなもんで。






んーーーと、たとえば、リードがフラットしていってコーラスがそれを置き去りにしてたら忌々しきことでしょうが、別にそうじゃないでしょう?



そんなことよりも、てつの声がすごく伸びやかに出ていたことのほうが嬉しかったしそんなゴスペラーズが気持ちよかったんですが。
加えて言ってしまうと若返りした(学生のころのようだ)黒髪の安岡さんが非常にらぼりー♪でよかったんですが。


そんな楽しみ方をしているアタシはおかしいですか?(笑)
posted by akanepluto at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴスペラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。